2013年07月11日

◆烏瓜の花


昨日、毎日新聞に俳句が載りました。
ありがとうございます。

結界を乗り越え からすうりの花

烏瓜の花は、夏の夜に咲きます。
町の中で見つけるのは難しいが
秋に、橙色の5センチぐらいの実
が出来るので、その場所を憶えて
おくと見つけやすいです。

僕の近くでは、山電伊保駅の北西
とJR曽根駅の南東あたりで何回か
見たことがあります。

結界とは
この世とあの世の境界みたいな
意味ですが、高砂の竜山石も結界
の石と呼ばれていて、昔は、石棺や
墓石や灯篭などに使われていまし
た。
播州の古い民家の敷き石などにも
よく見られますが、災厄など入って
くるのを防ぐ意味もあったみたいです。

烏瓜の花は、美しくしいですが幽玄
な雰囲気があり、すこし恐い花でも
あります。

俳句に

烏瓜の花の不思議の濁世(じょくせ)かな
            (寺井谷子)

ではまた。


同じカテゴリー(俳句)の記事画像
入道雲
打ち水
アジサイ
ナス
夏の川
植田
同じカテゴリー(俳句)の記事
 夏バテ (2013-07-24 13:31)
 海の日 (2013-07-15 14:28)
 入道雲 (2013-07-09 13:24)
 七夕 (2013-07-07 13:09)
 打ち水 (2013-07-04 13:35)
  (2013-06-30 18:02)

Posted by しんちゃん at 14:17│Comments(0)俳句
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。