2013年06月18日

◆夏の川


俳句に

海になるため急げり夏の川
          (鈴木六林男)

夏川を電車はためき越ゆるなり
          (石田波郷)

夏に、子どもたちが小さい頃に
千種川の上流で遊んだものです。

山に降った雨が土に浸み込み
その水が川に流れ長い旅の後
海にたどりつきます。
また海の水が蒸発し雲となり
山に再び降り注ぎます。
大昔から続く大いなる循環です。

某大国の有名な川は画像で見ま
したが、工場の排水や下水の垂れ
流しで、もはや死んだ川です。
その川の水が太平洋に将来流れ
るということは、太平洋も死んだ海
になる恐れがあります。

某国も変な領土拡大やプライドを
捨てて日本の優れた環境技術を
取り入れないと、人間の住む所が
なくなるかもしれません。

ではまた。


同じカテゴリー(俳句)の記事画像
烏瓜の花
入道雲
打ち水
アジサイ
ナス
植田
同じカテゴリー(俳句)の記事
 夏バテ (2013-07-24 13:31)
 海の日 (2013-07-15 14:28)
 烏瓜の花 (2013-07-11 14:17)
 入道雲 (2013-07-09 13:24)
 七夕 (2013-07-07 13:09)
 打ち水 (2013-07-04 13:35)

Posted by しんちゃん at 18:45│Comments(0)俳句
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。