2007年06月21日

◆長持形石棺(6)

播磨町で10月13日に兵庫県立考古博物館が開館します。
高砂で、先月プレイベントに披露された竜山石の
家形石棺のレプリカも展示されます。

写真は、家形石棺より前に作られた
古墳時代の竜山石の長持形石棺です。
1912年に、藤井寺市の津堂城山古墳から堀り出されました。
あまりの大きさに、新聞にも掲載されました。

残念なことに、仁徳天皇稜の石棺と同じように
宮内庁の管轄になり埋め戻されました。
実物を一回見たいものです。

考古博物館は、いろいろ楽しみですね!



同じカテゴリー(長持形石棺)の記事画像
長持形石棺(5)
長持形石棺(4)
長持形石棺(3)
長持形石棺(2)
長持形石棺
同じカテゴリー(長持形石棺)の記事
 長持形石棺(5) (2007-06-02 10:33)
 長持形石棺(4) (2007-05-14 18:46)
 長持形石棺(3) (2007-04-29 20:38)
 長持形石棺(2) (2007-03-14 21:42)
 長持形石棺 (2007-02-21 19:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。