2007年05月14日

◆長持形石棺(4)

姫路市御国町の山の越古墳(方墳)にある
竜山石の長持形石棺です。
竜山石の長持形石棺は畿内の巨大古墳の大王に採用されたが
こちらは地域の首長の棺だと言われています。

長持形石棺は古墳時代中期(5世紀)に現れ
後期には家形石棺が現れます
この山の越の石棺は小型ですが
蓋も身も揃っているのは国内では数例で
大変に珍しい石棺です。



同じカテゴリー(長持形石棺)の記事画像
長持形石棺(6)
長持形石棺(5)
長持形石棺(3)
長持形石棺(2)
長持形石棺
同じカテゴリー(長持形石棺)の記事
 長持形石棺(6) (2007-06-21 21:57)
 長持形石棺(5) (2007-06-02 10:33)
 長持形石棺(3) (2007-04-29 20:38)
 長持形石棺(2) (2007-03-14 21:42)
 長持形石棺 (2007-02-21 19:58)

この記事へのコメント
しんちゃんさんへ、
いつも掲載ありがとうございます。
Posted by たーさん at 2007年05月15日 09:14
たーさん

ちょっと記事がマイナーかな。
Posted by しんちゃん at 2007年05月15日 14:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。