2013年03月21日

◆蓮華草


先日、ニュースで園児が蓮華草の
種を蒔いていました。

手にとるなやはり野に置け蓮華草

播磨ゆかりの俳人瓢水の俳句です。
瓢水が友人に
遊女身請けをたしなめた句だそうです。

地上部は、家畜の飼料やはちみつの
蜜に、根は根粒バクテリアが窒素を
取り込むことから肥料として田に
鋤き込んでいたそうです。

「やはり野に置け蓮華草」は
今ではことわざになっていて
そのものの環境に置くのが
一番いいというたとえです。

僕も一句

孫娘 パパにあげると蓮華草

おじいちゃんと違うのか!

ではまた。

同じカテゴリー(俳句)の記事画像
烏瓜の花
入道雲
打ち水
アジサイ
ナス
夏の川
同じカテゴリー(俳句)の記事
 夏バテ (2013-07-24 13:31)
 海の日 (2013-07-15 14:28)
 烏瓜の花 (2013-07-11 14:17)
 入道雲 (2013-07-09 13:24)
 七夕 (2013-07-07 13:09)
 打ち水 (2013-07-04 13:35)

Posted by しんちゃん at 17:17│Comments(0)俳句
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。