2009年02月18日

◆雪解け

「雪とけて村一ぱいの子ども哉」
                 (一茶)

「雪解け」は、春の季語です。
昨日は、和田山の方へ配送に行きました。
雪が降っていましたが、道路は凍結していなくて走りやすく
雪景色を楽しみながら仕事をしました。
小林一茶の、この句の眼差しは
不遇の境遇と裏腹に、穏やかで慈愛に満ちています。

一句

「雪解けや戻らぬ仲もよしとする」

寒いですが、春は少しづつ近づいています!


同じカテゴリー(俳句)の記事画像
烏瓜の花
入道雲
打ち水
アジサイ
ナス
夏の川
同じカテゴリー(俳句)の記事
 夏バテ (2013-07-24 13:31)
 海の日 (2013-07-15 14:28)
 烏瓜の花 (2013-07-11 14:17)
 入道雲 (2013-07-09 13:24)
 七夕 (2013-07-07 13:09)
 打ち水 (2013-07-04 13:35)

Posted by しんちゃん at 14:43│Comments(0)俳句
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。