2013年06月29日

◆蕭白(2)


蕭白は、高砂市伊保崎の大庄屋
中村家に数年にわたって滞在した
との伝えもあります。

奇怪を極めた「寒山拾得図屏風」
も、同地で描かれたものらしいで
す。
直線を重ねた岩は、宝殿の切石
にも見えます。

この地で描かれたという「雲龍図」
も、竜山という土地にヒントを得た
のかもしれません。

蕭白は、京都の染物屋でしたが
絵師として京都の画壇から一時受
け入れらず、伊勢と播磨を遊学して
いたみたいです。

日本でいちばんエキセントリックな
絵師である曽我蕭白の足跡を辿る
のも楽しいかもしれません。

ではまた。

同じカテゴリー(地域)の記事画像
蕭白(3)
オクラ
じゃがいも
船場川
酒井抱一
蕭白
同じカテゴリー(地域)の記事
 蕭白(3) (2013-07-13 13:55)
 オクラ (2013-07-10 14:44)
 じゃがいも (2013-06-25 17:26)
 船場川 (2013-06-24 12:14)
 酒井抱一 (2013-06-11 16:45)
 蕭白 (2013-06-06 12:42)

Posted by しんちゃん at 15:23│Comments(0)地域
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。