2013年06月02日

◆スイカ


俳句に

物の本 西瓜の汁をこぼしたる
         (高浜虚子)

西瓜切るや家に水気と色あふれ
         (西東三鬼)

西瓜抱き産まざる乳房潰すなよ
         (鷹羽狩行)

西瓜は俳句の歳時記の季語では
初秋でしたが、最近の日本の
温暖化で夏の季語にかわった
みたいです。

うちの菜園では、苗を2株植えて
いますが、葉っぱがどんどん広が
っています。

まあ出来ても、おいしいのは五個に
一個ぐらいで、お盆のお供え用です。

スイカの効用は
腎臓の働きを良くして、むくみを予防
して、代謝などをよくしダイエットの
効果もあるらしいです。
からだを冷やすので熱中症対策にも
なります。

一句

ゴミ出しの前日食べるスイカかな

ではまた。

同じカテゴリー(俳句)の記事画像
烏瓜の花
入道雲
打ち水
アジサイ
ナス
夏の川
同じカテゴリー(俳句)の記事
 夏バテ (2013-07-24 13:31)
 海の日 (2013-07-15 14:28)
 烏瓜の花 (2013-07-11 14:17)
 入道雲 (2013-07-09 13:24)
 七夕 (2013-07-07 13:09)
 打ち水 (2013-07-04 13:35)

Posted by しんちゃん at 18:09│Comments(0)俳句
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。